80312土筆

きのう(3月12日)の昼休み、やっと見つけた土筆。
毎年のことながら杉菜が出てから、ようやくそこに土筆があった事を知る。
どうして土筆の時に気づけないのか不思議でしかたがない。
ここもほとんどが杉菜になっていました。

株価の底割れて土筆の生えてをり 大石雄鬼

土筆など摘むや本来無一物  矢島渚男

肌色の土筆まとうは袴のみ 二村典子

よろしかったらクリック(1票)お願いいたします。
『人気blogランキング』(現在9位)
励みになります。
スポンサーサイト

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真






地面から出てきた土筆にしみじみとそれぞれの時を重ねる春、でしょうか。
三句にあふれる生活感が面白いですね~。

風まとい天までとどけ我は土筆  草雲雀
土筆がちょっと気の毒だったから^^
【2008/03/14 14:39】 URL | れい #-[ 編集]
こんばんは。
土筆ってスギナの胞子体だから、土筆がスギナの葉っぱに変化する訳ではないみたいですよ。
スギナの地下茎から出て、土筆のままの姿で、胞子を飛ばして終了。
なので、もしかしたら、スギナが出てから土筆も出るんじゃないですかね?
いや、ほんとのところ、どっちが先かわかんないんですけど。
【2008/03/15 00:14】 URL | くろモン #-[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する



| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © <2004> 三浦半島デジカメ便り, All rights reserved.