fc2ブログ



20060623003636.jpg

David HockneyFranco Fontana÷2
なんて畏れ多い!(二人とも僕の敬愛するアーティストです)
ですがなんとなくそんなテイストを感じて頂けたら幸いです。
去年の夏、三浦海岸と雨崎の間の海沿いの別荘。

よろしかったらクリック(1票)お願いいたします。
『人気blogランキング』(現在18位)
励みになります。
スポンサーサイト



テーマ:街の風景 - ジャンル:写真






shuさんの写真からいつも音や温度、時間、
写っていない周りの景色、そこに息づく何かの気配、
動物だったり虫だったり人だったり・・・、
そんなことを感じながら一瞬そこへワープしています。
この空間、行った事もないのに
ものすごく懐かしい気持ちになるのです。

【2006/06/23 19:29】 URL | れい #-[ 編集]
ありがとうございます。すごく理解して頂いている気がしてうれしいです。
いつも自分がそれを撮った時の気持ちを感覚を、間接的にとはいえ、伝えられたらなあ、と思いながら、撮ってきた写真を厳選してアップしています。
朔太郎の『郷愁の詩人 与謝蕪村』という本があります。これが面白い。
蕪村の句のような写真を撮りたいと思っています。
朔太郎も言うように蕪村の句はなぜか郷愁をそそられるのです。
だから「行った事もないのにものすごく懐かしい気持ちになる」
なんて言って頂くと自分の目指している表現世界が伝わっているかもしれないと思い
大変うれしいです。
ヨコハマは未来の世界なのになぜか胸がつまるほど懐かしい気持ちになりますよね。
【2006/06/23 22:18】 URL | shu #JalddpaA[ 編集]
こんにちは。とても印象的な写真ですね。
小説の挿絵のような、または幕が開いた直後の
舞台のような感じで。じっと見ていたらどこかから
人が出てきて、物語が始まりそうな感じです。
光や色合いのせいでしょうか、日本ではないような
不思議な雰囲気があるのもすてきですね。
雨の日の晴れ間の撮影ですか?
【2006/06/24 11:27】 URL | はなび #VMk2rkqo[ 編集]
構図と言い、正に写真で絵を描く
shuさんの日ごろの気持ちにぴったりの
作品ですね。スカッとします。
こういうのを見つけられるのも
感性なのですね!!
【2006/06/25 21:26】 URL | せつこ #-[ 編集]
ありがとうございます!
そういわれると前衛劇団の舞台のようでもありますね。
小説の挿し絵という見解も面白いです。
一見無機的な画面なのに、なにかしらの感情を喚起させたかった意図が受け入れられたようでうれしいです。
いつもは三浦半島や職場のある横浜市南区の風情をそのまま伝えようとしていますが
この写真に関しては、そういうつもりのない異質な作品なので
「日本でないような…」と言われて、自分の意図を理解して頂けたようで大変うれしいです。
これは去年のうだるような真夏の一日に撮ったものです。
【2006/06/27 22:48】 URL | shu #JalddpaA[ 編集]
スカッとして頂いてうれしいです。
そうなんです。僕は写真で絵を描いているつもりなのです。
こういう事を言うと、生真面目な画家や写真家の方に反感を買いそうですが…(^-^;
【2006/06/27 23:21】 URL | shu #JalddpaA[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する



| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © <2004> 三浦半島デジカメ便り, All rights reserved.