140316夕陽1
「夕日」 大関松三郎
夕日にむかってかえってくる
川からのてりかえしで
空のはてからはてまで もえている

140316夕陽2
みちばたのくさも ちりちりもえ
ぼくたちのきものにも 夕日がとびうつりそうだ

140316夕陽3
いっちんち いねはこびで
こしまで ぐなんぐなんつかれた
それでも 夕日にむかって歩いていると
からだの中まで夕日がしみこんできて
なんとなく こそばっこい

140316夕陽4
どこまでも歩いていきたいようだ
遠い夕日の中に うちがあるようだ
たのしいたのしいうちへ かえっていくようだ
あの夕日の中へかえっていくようだ
いっちんち よくはたらいたなあ

(いっちんち=一日)

クリックして頂けましたらうれしいです。→ (現在34位)
スポンサーサイト

テーマ:山の風景 - ジャンル:写真




















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © <2004> 三浦半島デジカメ便り, All rights reserved.