140112明鐘岬喫茶岬1
2014.1.12、火事で全焼後の明鐘岬の喫茶店「岬」に、ひょんな成り行きで突発的に訪れる事が出来ました。
(千葉県安房郡鋸南町元名1番地)

消失前の姿→ 「音楽と珈琲の店「岬」(明鐘岬の喫茶店)」2008.11.23

140112明鐘岬喫茶岬2
玄関。

140112明鐘岬喫茶岬3
ギリシャ風トイレ。

140112明鐘岬喫茶岬4
節子ママ、にこやかでお元気そうでした。

140112明鐘岬喫茶岬5

140112明鐘岬喫茶岬6
この日ここに来るまで知る事の無かったビッグサプライズ、
なんと、このお店を描いた原作小説『虹の岬の喫茶店』 (幻冬舎文庫) が吉永小百合の企画、主演で映画化されるとの事!

140112明鐘岬喫茶岬7
女優の吉永小百合が18日、都内で行われた来秋公開の主演作『ふしぎな岬の物語』(成島出監督)の製作発表会見に出席した。森沢明夫原作の「虹の岬の喫茶店」を映画化。原作に出会った吉永が「この優しく温かい物語を映画として観客に届けたい」という思いから、成島監督と共同で初めて“企画”に携わることになり「企画に関してはまったくの新入生ですし、不慣れな面もあると思うので、3倍返しくらいで演技したい」と意気込んだ。
映画は人々が穏やかな生活を営む里の岬に立つ小さなカフェを舞台に、吉永演じる女店主・悦子とカフェに集う人々の心温まる交流を描く。吉永は、成島監督とともに数十に及ぶ小説や企画案を吟味したといい、「やはり未来に希望が持てる作品が作りたかった。人と人とが助け合い、生きることの大切さを描ければ」と本作の映画化を決めた理由を説明していた。
撮影は2014年2月にクランクインし、東映東京撮影所と原作のモチーフとなった喫茶店が実在する千葉県明鐘岬を中心にロケを敢行。成島監督は「吉永さんとお仕事するのは長年の夢。こういう形で実現するとは夢にも思わなかった」と感無量の面持ち。「実際にお会いすると、その人柄と映画への真摯な思いは想像をはるかに超えていた。そんな吉永さんの“素”を、スクリーンを通して、お客様に届けることができれば」と抱負を語っていた。

 → 吉永小百合、来秋公開の主演作『ふしぎな岬の物語』で“企画”に初挑戦 〜ぴあ@映画生活

140112明鐘岬喫茶岬8
映画のために忠実に再現されようとされている喫茶「岬」
撮影が終わったらここで営業されんですか?と尋ねたら
「◯◯のシーンもそれで撮影するから、ムニャムニャムニャ…」
「2月から撮影なのにこんな進捗で間に合うのかしら?」
と心配そうな節子ママでした。
秋の公開が楽しみです!

[ザ・鋸山] file47 【人物編】 喫茶店「岬」経営して35年 ⑬玉木節子さん (房日新聞)

↓原作本『虹の岬の喫茶店』森沢明夫 (著) 出版社: 幻冬舎 (2011/06)
   

クリックして頂けましたらうれしいです。→ (現在22位)
スポンサーサイト





焼失する前に行きたかった!

KOINOBORIさんに今日お聞きしました。
映画のために再建して、、、、えっ!?

そのままにしてよ!

【2014/01/19 22:16】 URL | セニョール@とくよ #ncVW9ZjY[ 編集]
岬のカフェに興味を持ちネットを検索していてこのページをたんねんに読ませていただきました 画像も大きくて説明もわかりやすく掲載されていた記事なども拡大して読むことができました。ひとつ問題があります。文字が見えにくいことです。背景色か文字の色を変えて文字が読みやすくするように進言いたします。見え具合はパソコンのモニターによっても異なりますが、ワタシのパソコンでは文字をなぞって白くさせて読みました。そうしない場合はパソコンに目を近付け目を凝らさないと読めません。たいへん読みづらいです。長年ブログをなさっておられるのに誰からも指摘がなかったのでしょうか
【2014/04/05 07:59】 URL | imgrimomgri #PTRa1D3I[ 編集]
昨日、明鐘岬の喫茶店 へ、行ってみました。前から楽しみにしていたので、ワクワク♪ウキウキ♪でした(^-^) でも残念な事にその日はお休みでした。とても残念でした(;o;)でも 目の前の海がとっても綺麗だったのでしばらく座り込んで海を眺めて来ました。また、近いうちに行って海を見ながらコーヒーを飲みたい!です(^-^) 皆さんも是非!♪行ってみて下さいませ(^o^)
【2014/04/25 16:45】 URL | kujuukuri-no-umi #-[ 編集]
初めまして、「岬」を検索しているウチにこちらにたどり着きました。喫茶「岬」にはずいぶん昔に訪れました。それも千葉駅から天津小湊町(現鴨川)まで、インラインスケートで走破すると言う無謀な?旅を行いまして、その途上で、まったくの偶然、店に入ったのです。もちろん非常に印象に残りまして、何年経っても「あの岬はどうなっているだろう」と、時折りネット検索などしていましたら、火災による消失や、その後の再建の様子などを、いろいろなサイトで知ることが出来ました。で、映画化されるとのニュースを知りまして、自分のブログでも何か書こうと想ったのですが、いかんせん、「岬」の写真が無いのです。(あの当時はデジカメも無い時代でした)そこであちこち探していたら、こちらの鮮明で詳細な写真群にたどり着いたと言うわけです。で、まことに勝手ながらURLをリンクさせていただきましたので、後追いではありますが、何とぞご了承ください。よろしくお願いします。

GOB-MESSAEGE
http://goblins.exblog.jp/22167912/
【2014/06/12 12:18】 URL | 高橋GM #hCl3gAlg[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する



| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © <2004> 三浦半島デジカメ便り, All rights reserved.