FC2ブログ



斜光

街の人々や民放テレビ番組などを見ていると、もう何の心配もない平和な日本に戻ったようにも見えますが
福島原発の事故は全く予断を許されない深刻な状況が続いています。
「2号機は炉心や原子炉圧力容器が溶融(メルトダウン)している疑いがある。/2011.4.1 20:33/msn産経ニュース
炉心溶融・メルトダウン/とは? Wikipedia

ヨウ素剤、今すぐ配布を 仏放射線専門家グループ 2011/04/01 09:52 【共同通信】
フランスの放射線専門家グループCRIIRAD関係者は3月31日、福島第1原発事故を受け、放射性ヨウ素による甲状腺被ばくを防ぐ効果がある安定ヨウ素剤を、“直ちに”できるだけ広範囲に配る必要があると表明した。

枝野官房長官は相変わらず“検討する”と言い続けています。

福島原発事故の医学的科学的真実: 稲 恭宏博士 緊急特別講演 1 YouTube
「福島に行くだけで、健康が良くなり、免疫力が高まります。福島の農水産物、
水も大いに食べて飲んだほうが、健康が増進します。」と言っています。
他に
「プルトニウムは安全だよ!」と言い聞かせるプルト君が話題

福島原発事故 チェルノブイリ作業責任者語る
「国際原子力事象評価尺度でチェルノブイリは最悪の7だった。
福島の事故は日本がいう5ではなく、最初から6であることは明らかだ。今は6と7の間と判断している」

アメリカの写真家、ポール・フスコの32枚の写真。
右下の右向きの赤い三角を押して次々見て下さい。
チェルノブイリの後遺症

日本の大手メディアと欧米メディア、プルトニウム報道の“温度差”
DIAMOND online 「週刊・上杉隆」2011.3.31
「それでも、東京電力と政府と大手メディア、そこに群がる御用評論家たちは、
  プルトニウムは「危険ではない」と強弁している。」

この記事を書いた上杉隆氏は東電を批判して番組を降ろされました。

何が真実で、何がそうでないのか、各自、自分で判断して下さい。

被災地の復旧と、福島第一原発の一刻も早い沈静化を心から願っています。

★東北地方太平洋沖地震復興支援 クリック募金
メッセージを書いてクリックすると、無料で1回10円を募金することができます。
あなたに代わってマガシークが日本赤十字社へ寄付を行う仕組みのため、金銭的負担は一切かかりません。

東北関東大震災 緊急支援クリック募金

(現在14位)
励みになります。ありがとうございます。
スポンサーサイト








最近不安を煽るような日記になってませんか?
そんなに気になりますか?

だったら三浦半島に居ないで、どこか遠くへ行けばいいじゃないですか。
【2011/04/02 01:04】 URL | #JalddpaA[ 編集]
5年後、10年後、白血病やガンで苦しむ人が少しでも少なくなる事を願っています。
そして放射能に感受性が強い子供達がどうか無事であるようにと。
【2011/04/02 10:06】 URL | shu #JalddpaA[ 編集]
はじめまして。三浦半島好きの横浜市民です。

私も近頃の「どうやらもう安全らしい」という世間の感覚が非常に不気味です。
1~2時間程度でも自分で調べ放射線量などのデータを過去と比較すれば神奈川も含め関東が日を追うごとに汚染されているのは明らかです。
このような現状に対して危機感を持たない人が多いことが不思議でなりません。

shuさんの仰るとおり、もはや自分で情報を集め判断しなければ将来後悔をする日が来る事になるのかもしれません。

一日も早く平和な日が来ることを願っています。
そしてまた黒崎の鼻で穏やかな気持ちで夕日を眺められればと思っています。
【2011/04/02 20:44】 URL | 通りすがり #SH1wLFCQ[ 編集]
三浦半島好きの横浜市民様
コメントをありがとうございます。本当にうれしいです。
僕も本当は三浦半島の素晴らしさを紹介する事がテーマのこのブログに
こんな記事をアップしたくは無いんです。
しかし現実を知らない(知らされない)人が多く、
その根拠無き安全を煽る情報の胡散臭さに自分が気づいた以上
どうにもこうにも黙っていられない気持ちが
決して閲覧者が多いとは言えないが少ないとも言えないブログを公開している自分をこうさせています。
本来なら事故現場にライブカメラを何カ所かに設置して
24時間、全国、否、全世界に命がけの作業を公開実況して世界中の知恵と技術と人材を募り
何も出来ない人間は一心に祈るくらいでなければいけない現実が今現在だと思います。
政府と国民が心を一つにしてこの危機を乗り越えないとならないのに
政府は真実を隠し「ただちに健康被害は無い」
御用学者や評論家は「事故は峠を越した。安全である」などと繰り返しています。
将来、被害を被ったとしても「ただちに健康被害は無いとは言ったが長期的な影響には言及していない」
と門前払いされるのがオチではないでしょうか?
乳幼児に影響が出るのはもっと早いはずです。
「ただちに健康被害は無い」などと言うより「長期に渡って~した場合、健康に害を及ぼす怖れがある」
と言ったほうがどれだけ正直で誠実で信をおけるでしょうか。
必要以上に怖れ、うろたえない為にも政府は正確な現況と対策を明示するべきだと思うのです。
今現在も寒さや飢えに苦しむ多くの被災者が何万とおり、
命がけで異常なレベルの放射能を浴びながら過酷な作業を行う作業者の皆さんがいるのに
民放テレビを見れば、お笑い番組で出演者も観客も視聴者もゲラゲラ笑っています。
このギャップが心底から不気味で怖ろしい。
本当に早く僕も黒崎の鼻で穏やかな気持ちで夕日を眺めたいです。
そんな日が来るのか、今はそれさえも疑わしいのではないかと感じているのです。

追記:2011.4.3、TBSサンデーモーニングを見ると
御用学者や各評論家たちも、やっと事態の深刻さを認め
まともは発言をするようになってきた印象です。
【2011/04/02 21:48】 URL | shu #JalddpaA[ 編集]
ひとりごと。
今朝の(2011.4.3)NHKを見ていて思った事。
地震関連ニュースは主に2つ。現在進行形の原発事故関連ニュースと、風評被害による野菜や魚が売れないというニュース。
比べると後者の方に2~3倍くらいの時間を割いている印象を受けた。
どちらも大切な問題だが、ちょっと待てよと思った事。
野菜や魚が売れないのは消費者が放射能に対して過敏になっているから。
「原発事故の危険性を訴える人達が、そういう不安を煽る事を言うから野菜が売れなくなるんだ」と。
真実を求め危険を訴える原発反対派がまるで悪者であるかのように安易に感情的矛先が向かおうとしないだろうか。
確かに今現在の野菜の安全基準値が確かならそれを消費するべきだろう。
日本人は優しく義理人情に篤いから風評被害から農家や漁師を守ろう!という感情が湧き上がるのは当然。
しかし原因となっている放射性物質は今現在も漏れ流れ出し、風に乗り海に拡大を続けている。
順序として、そっちが片付いてこその「食品は安全!風評に惑わされずに野菜や魚を食べよう」の継続活動じゃないだろうか。
今後もその産地は安全であり続けるのか?そうなる事を願うばかりだが、事故現場は先が読めない予断を許さない状況。
短期的に今収穫された野菜を消費する事は大事だが、中長期的な視野もないがしろにしてはいけない。
生産農家や漁師さん達の生活が早く安定する事を願っています。
【2011/04/03 10:14】 URL | shu #JalddpaA[ 編集]
先日のコメントでつい名前を[通りすがり]としてしまいましたが、ブログは数年前から楽しく拝見しておりました。大変失礼いたしました。初めて剣崎灯台や黒崎の鼻へ写真を撮りに行ったのもこちらで紹介されたのがきっかけでした。おかげで沢山の素晴らしい景色を見ることが出来ました。ありがとうございます。


shuさんのご意見に全く同感です。
私も「ただちに影響は無い」という言葉に潜む欺瞞に危機感を感じていました。「ああ、これは状況が悪化するのだろうな」と、そして将来起こりうる様々な健康被害の責任を逃れる為の布石なのだなと。

現在のあまりに楽観的な流れは本当に恐ろしく思います。彼らは何故安心しきっているのでしょうか。「○×というデータがあるから注意しておくに越したことはない」と情報を提供したところで根拠は無いが心配しすぎだと一笑に付される様はある種の狂信者のような不気味さすら感じます。

私も平和な日が戻るのかという事にすら不安を覚えています。北風が吹き雨が降る度に底上げされているように見える神奈川県の放射線量がセシウム由来ではないかと思っているためです。仮にそうならば原発に蓋がされない限り徐々に、しかし着実に積み重なり線量は長期にわたって増加し、内部被曝の恐れは数十年の長さで残り続けてしまうのかもしれません。
[下記は神奈川県川崎市役所付近の放射線量グラフです]
http://www.atom.pref.kanagawa.jp/cgi-bin2/telemeter_datm.cgi?Area=5&Type=W

この様なことを書くと不安を煽り過ぎだと非難されるかもしれません。しかし様々なデータを見ると安心できる材料がなかなか無いのが現状です。

私はこの不安が杞憂であることを祈っています。しかし、自分の中でのデッドラインの設定など最悪の事態を想定し対策を立てておくことは決して無駄にならないと信じています。

長文大変失礼いたしました。
【2011/04/05 00:46】 URL | 三浦半島好きの横浜市民 #SH1wLFCQ[ 編集]
三浦半島好きの横浜市民さん
「ただちに影響は無い」と言うならどの位から影響が有るのかも言うのが筋ですよね。
見通しが立っていない状態で「ただちに健康被害は無い」と言うべきではないと思います。
最近になって官房長官は「沈静化まで数ヶ月の見通し」などと沈静化する確証も無く言い始めましたが
なら数ヶ月被爆した場合はどうなのか話すべきです。
もう今は「ただちに影響は無い」と言う台詞こそがデマと見なすべきでしょう。
それとテレビは「外部被曝」の事ばかり言って「内部被曝」をあまり言わないのも変です。
よくレントゲンやCTスキャンを引き合いに出しますが
「放射線」を「体外」から「一瞬」当てるだけのレントゲンやCTスキャンの「外部被曝」と
風により運ばれたものを吸い込んだり、水や食品に含まれた「放射性物質」を「体内」に取り込む「内部被曝」は
全く違うものとして考えないといけないのに…
内部被曝は放射性物質が体内に入り蓄積され、その後も体内から放射線を出し続けることになります。
その結果、細胞の遺伝子が傷つく原因と、長期にわたってがんのリスクが高まる可能性が指摘されています。
そして半減期が8日と短いヨウ素の事ばかり言い、半減期30年のセシウムやその他の事もあまり採り上げませんよね。

おっしゃる通り「テレビではあまり言われてないけど本当は~」と警告しているのに
それを言うと「不安を煽るな」と怒られてしまいますね。
そして何も知ろうともせず何の根拠も無く「大丈夫だよ」と言う人の多い事。
根拠の無い大丈夫や安心こそがデマだと思います。
政府や大スポンサー様、東電によってコントロールされたマスコミによって
耳を塞がれている事にすら気づいてないように思えます。

今、何も知らず、知ろうとせず、呑気にしている人が多いほど
今後、事態が急速に悪化した場合、パニックを起こし、
「政府はなんで今まで真実を教えてくれなかったんだ!?」と怒り狂うでしょう。
今現在、政府やマスコミの報道を鵜呑みにせず自力で情報を取捨選択し
最悪の事態まで想定している人間は覚悟が出来ているので落ち着いて行動し
今さら誰かのせいにしようとも思わないでしょうね。

「人間、死ぬ時ゃ死ぬ、悩んだってしょうがない。生きてるうちに楽しまないと損!ギャハハハ!」
桜の花の下で酔っ払って真っ赤な顔で叫ぶ中高年のグループを見ました。
確かに。それも真理。とは思いますが、僕には現実から目をそむけ
虚勢をはっているようにしか見えません。
充分生きた自分達はいいでしょうが、未来を生きる子供達のために、
もうちょっと真剣な気持ちになれないんでしょうか。
今リアルに起きている、この日本の命運をかけた人類史の汚点となる異常な事態をから目をそらさず
最後まで、しっかり目を見開いて見届けたいと思っています。
【2011/04/05 23:16】 URL | shu #JalddpaA[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する



| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © <2004> 三浦半島デジカメ便り, All rights reserved.