FC2ブログ



110327鉄塔
最近、情報格差というものをリアルに感じています。
テレビ、特に民放各社ではもう原発事故の事はほとんど報道せず
やったとしても御用学者達に「安全」「安心」「峠は越した」などと言わせています。
(今現在も命懸けで作業している人の前で言えるのか?)
大スポンサーの東電から情報を制限されているように思われます。
3号機に使われている最大限に注視しなければならない「プルトニウム」「プルサーマル」という単語も、まず聞きません。
NGワードになっているのでしょうか。
(追記:2011.3.29、朝、それを聞きました。変わってきたようです)
情報源が民放テレビだけの人は本当にもう福島原発事故の危機は去ったと思って安心しているようです。
NHKではまだ原発事故をちゃんととりあげています。是非NHKを見て欲しいものです。
インターネットを閲覧出来る環境にいる人も、積極的に今回の福島原発事故の情報を得ようとしている人や
Twitterで原発をウォッチしてる人や詳しい人をフォローしている人しか、
深刻な現実、刻々と悪化する一方の状況を知らないようです。
USTREAMなどでも設計者や研究者の詳しい会見などが見られます。
現実を見ようと努力している人は皆、今の福島原発がシャレにならないほど深刻な状況だと認識しています。

原発事故を巡る国内と海外のあまりに大きな温度差
日経BP/ECO JAPAN/2011年3月29日

民放各社で今回の原発事故を安全だと言い続けている御用学者とは、
電力会社からお金をもらって、地域住民の原発反対集会などで「絶対に安全です!」と断言して説得していた学者達です。
「絶対に安全です!」が今回、現実に「絶対危険」になったのです。
その人達は間違った事を言っていたのだから今般テレビに出るにあたって、まず
「絶対に安全と言ったのは間違いでした」と
真摯に頭を下げなければいけないのではないでしょうか?
学者、いえ人間としての良心というものがあるならば。
被災地でテレビを見ている人は怒り心頭だと思います。
「この人は絶対安全だと言ったくせに!」と。
言いたくてもすでに亡骸(なきがら)になっている人も多いと思います。
(亡くなられた原因は地震と津波ですが)
福島第一原子力発電所の半径10キロ圏内の遺体は、遺体表面の放射線量が高く収容ができないままだそうです。
10キロ圏内の遺体、放射線量高く収容できず
産経ニュース/2011.3.28

そして僕がとても不思議に思うのは「絶対に安全です」と言い続けていたウソつき学者達をテレビに出し
視聴者もウソつき達の言う、この期に及んでまだ「安全だ」という御用学者達を信じてる事です。
「東大」という肩書きだけで信頼しようとしていませんか?
東電のカネに汚染した東大に騙されるな 2011.3.27/INSIGHT NOW!

そして逆に原発の危険性をずっと訴え続けていた学者やジャーナリスト達を「不安を煽るな」と信用しません。
何十年も前から原発は危険、いつか大事故が起きる、と警鐘を鳴らし続けていて
それが本当になったというのに、なぜ原発反対派学者を解説者として起用し耳を傾けようとしないのでしょう。
広瀬隆氏がずっと前から危惧していた事が現実になっているんです。

ちなみに、自分自身において政治的背景は一切ありません。
原発についてこれまで「大丈夫なんじゃない?」と安易に考えていました。
正直に言えば、にわか反原発者です。
原発の危険性に真摯に目を向けていなかった事を反省し
今般、突然に反原発者になった自分の軽薄さに少し自己嫌悪しているものです。


最近再注目されている黒澤明監督の「夢」は、1990年に公開された日米合作、フランシス・フォード・コッポラ協力の映画。
黒澤明自身が見た夢をモチーフにしており、全8話からなるオムニバス形式。
そのうち「赤冨士」より。

○ 六基の原発が爆発。
○ 子供を抱えた母親は「原発は安全だって言い続けた奴ら、縛り首にしないと気が済まないよ」と叫ぶ。
○ それにこたえて男が言う「大丈夫、それはちゃんと放射能がやってくれますよ」。
○ 逃げ惑う群集。しばらくすると町と人の多くは海に沈んでいる。
○ 富士山が盛大に噴火している。
ーーーーー
どうかこれが現実にならないようにと願うばかりです。

★東北地方太平洋沖地震復興支援 クリック募金
メッセージを書いてクリックすると、無料で1回10円を募金することができます。
あなたに代わってマガシークが日本赤十字社へ寄付を行う仕組みのため、金銭的負担は一切かかりません。

東北関東大震災 緊急支援クリック募金

(現在16位)
励みになります。ありがとうございます。
スポンサーサイト








私は1日中震災ニュースを、それもNHKを見てます。
高校野球も入ってきますが その時は民法を見てます。
1日ほとんど震災・原発。でも精神的に参ったりしませんよ。
もっともっと深いところまでを知りたいと思ってしまいます。

私も「にわか」人間だけど、今 私達は 原発についてを
よく考える機会を神様に与えられたんだと思います。
しっかりと考えていかなければなりませんね。
今までと違う思いは「国任せは駄目だ」という事です。
私達も真剣に考えていかなければ。
【2011/03/29 15:25】 URL | ゆき #JvQfqRII[ 編集]
事実の報道を発してしまうと、震災以上のパニックが起こるでしょうから。。。
国もそれ以上の情報は出せずに、報道機関も抑制されているのだと。
僕は考えてますm(_ _)m

この事故は人災だと、皆が言ってますが。
今回の地震では、大津波を想定して準備していたとしても、少なからず損傷はしていたはず。。。

原発が良い悪いの話は抜きにして。
あれが一気に倒壊しなかっただけ、まだ救われているのではないでしょうかm(_ _)m

【2011/03/30 03:13】 URL | とも #mQop/nM.[ 編集]
ともさん
真実を報道するとパニックになると考える人が多いですが僕はそう思いません。
「この先どうなるか分からない」という不安がそうさせるのでは?
情報を遮蔽され続け、気持ちが弛緩している状態の人が
突然、状況が想像以上に深刻に至っている事を知りパニックを起こす。
頼みの政府が隠すから何を信じていいかわからない群衆が不安になり混乱する。
どんなに隠し続けても政府が発表しなくても情報は漏れる。
その時にパニックにならないようにあらかじめ現在の正確な状況と対策と展望を示し
対策を世界中に協力を頼みながら対処して行く。
例えば以下の記事を見て下さい。
『IAEM(国際危機管理者協会)の担当者は、「日本政府には事態収拾プランが感じられない。どうして、知識も能力もある米軍に依頼しないのか。非常時の基本的な対応ができていない」と、強い疑問を投げかけた。』
http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20110329/plt1103291648003-n1.htm

あの土曜の夜中テレビで解説者が原発事故は東海村以上にはならないと断言していた事をはっきりと憶えています。
一方その時に今の状態を予測していた研究者も事実いました。
例えばですが、今は青信号、しかし、黄信号、赤になったらこうなる
この段階で、まず妊婦と乳児とその母親を政府のチャーターした交通機関で西へ輸送する。次は~する。
よって落ち着いて政府の指示を待つように。
などとアナウンスすればパニックは避けられるのではと思います。
事は言うほど簡単じゃないと言うでしょうが今は確実に緊急事態だと思います。
今の政府の指示は例えば、原発の20~30キロ圏内を屋内退避と閉じこめておいて一転
移動手段も燃料も無いのに自主避難しろと。
信じて言う事を聞いていたら逆に危険になる始末。
「この政府を信じて従おう」そう思わせる事が大事なのに
政府の対応は後手後手で不信感を抱かせ、事態は悪化の一方。
現在進行形で未来に禍根を残そうとしています。
今はこれでもまだ救われている思うより、どうすればこれ以上悪くならないか
政府と国民が心を一つにして必死にならないといけない状態だと思います。
にもかかわらず政府と国民の心は乖離、不信感だけがつのっています。
事実を知ってどうなる?と言う人は多いですが、「覚悟」が出来るはずです。
覚悟が出来れば冷静に考え行動できると思ってます。
「覚悟」いう言葉が大げさなら「心構え」「気持ちの準備」です。
呑気に構えている人が多いほど、いざという時のパニックは大きくなると思っています。

追記:「パニックを恐れて情報を隠蔽することは,社会的増幅を防ぐことにはつながらない.
むしろ,情報を伝えることによってパニックが防げるのである.」
火山に関する知識・情報の伝達と普及
-減災の視点でみた現状と課題-
小山真人(静岡大学教育学部総合科学教室)
http://sk01.ed.shizuoka.ac.jp/koyama/public_html/etc/onlinepaper/K2005b.html#31

【2011/03/30 06:41】 URL | shu #JalddpaA[ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2011/03/31 00:22】 | #[ 編集]
syuさん、こんにちは。
HPとても詳しいのにわかりやすくて、勉強になります。
市内の核燃料施設での事故についても、まさかこの時期に・・・と
驚きました。
今まで原発について、意識さえしていませんでした。
(でも、空母は怖いと単純に思っていましたが)

今あらためて長年、ご自身の立場を省みずに警告をして下さってきた方々や、
労働被ばく者の方々のやるせない立場などを知るようになりました。

故:高木仁三郎先生が残した言葉ですが、原発はまさに「非人道的」であると。
shuさんが、わかりやすくこのような形で情報をまとめて発信してくださることは、
とても有り難く思います。

【2011/05/01 21:35】 URL | ゆいな #-[ 編集]
今まで原発に無関心だった事を猛省する、にわか反原発者の付け刃的勉強の発表ですが…
ありがとうございます。
奇遇ですね。僕は今、高木仁三郎さんの「核時代を生きる」という30年近く前に出た本を、人に借りて読んでいました。
述べられている事が全く色あせてないどころか今こそ胸にせまります。
これからもっともっと学びを深めて行きたいと思っています。
【2011/05/03 18:18】 URL | shu #JalddpaA[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する



| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © <2004> 三浦半島デジカメ便り, All rights reserved.