120130空1
きのう(2012.1.30)、昼休みの空。
ちょっと見慣れない感じの空だった。

120130空2
富士山に収束しているかのよう。

120130空3

120130空4
足元ではオオイヌノフグリが咲いていた。

よかったらクリック(1票)お願いいたします。
click→ (現在34位)
励みになります。ありがとうございます。
スポンサーサイト

テーマ:空の表情 - ジャンル:写真





111218sunsetbridge.jpg

サイモン&ガーファンクル『明日に架ける橋』 /YouTube

よかったらクリック(1票)お願いいたします。
click→ (現在35位)
励みになります。ありがとうございます。




120122アイスチューリップ1
2012.1.22、日曜日。前日から降り続いていた冷たい雨が午後になってやっと上がったので
近所の「くりはま花の国」へ。
ハーブ園の門をくぐってすぐのところ。

120122アイスチューリップ2
アイスチューリップ。
球根を冷凍貯蔵することで開花時期をずらして開花させる。

120122アイスチューリップ3
このレンズは被写界深度を浅く出来すぎるので難しい。

120122アイスチューリップ4

120122アイスチューリップ5
春が待ち遠しい。


よかったらクリック(1票)お願いいたします。
click→ (現在33位)
励みになります。ありがとうございます。

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真





110424鷹取岩1
鷹取山。横須賀市と逗子市の境にある標高139mの山。

110424鷹取岩2
だいたい◯印のあたり。
地図で俯瞰すると京急田浦駅が最寄りに見えますが
追浜から歩く方が早いそうです。

110424鷹取岩3
この日(2011.4.24)は京急田浦駅から歩きました。
山のてっぺんに岩が見えます。

110424鷹取岩4
ズーム。

110424鷹取岩5
鷹取山はフリークライミングのメッカ。
岩肌にある無数の小さな穴は、過去数十年間に打ち込まれたハーケンの跡。
(現在はハーケンを打ち込みカラビナを引っ掛けザイルでサポートするタイプのロッククライミングは禁止されています)

110424鷹取岩6
1923年の関東大震災以前は加工のしやすさからここから切り出される凝灰岩が横須賀市や逗子市で塀などに利用されていたが、関東大震災により多くが倒壊、下敷きになって死傷者が多く出たことと、同時に切り出した凝灰岩の輸送に利用していた鷹取川が隆起のため航行が困難になり、石材の切り出しは廃れていった。 ~Wikipediaより

110424鷹取岩7

110424鷹取岩8
戦後、昭和30年代に入るとロッククライミングの練習に使う若者が増え、同時に京急田浦駅、追浜駅から鷹取山経由で逗子市の神武寺へ抜けるハイキングコースが開かれ整備されたため、訪れる観光客も増大した。1965年(昭和40年)以降、山の周辺が住宅地(湘南鷹取)として開発され岩場のみ公園として残された。同時期に有志の彫刻家により山の一部に石仏が彫られた。 ~Wikipediaより

この日に撮った磨崖仏の写真は→ 鷹取山の磨崖仏

110424鷹取岩9
1983年 鷹取山安全登山協議会という山岳団体の連合組織が作られ、横須賀市との間で協約を締結した、 その内容は、鷹取山でのロッククライミング実施者は、鷹取山安全登山協議会への届け出をするという条件で 横須賀市がロッククライミングを許可するというものである。 ~Wikipediaより

110424鷹取岩10

今井通子 銀嶺の人
欧州三大北壁(マッターホルン、グランドジョラス、アイガー)を
女性で世界初めて登攀した世界的登山家、今井通子は若き日ここでトレーニングを積んだ。
彼女をモデルにした新田次郎著『銀嶺の人』にもそのシーンがいきいきと描かれています。
名作『孤高の人』に劣らず胸の熱くなる作品でした。

110424鷹取岩11
昭和60年代になってハーケンが抜け転落する事故を憂慮した横須賀市は、鷹取山でのハーケンを打ち込みカラビナを引っ掛けザイルでサポートするタイプのロッククライミングを禁止した。 Wikipediaより

110424鷹取岩12

花の笑顔と岩のささやき~鷹取山ウォーク / 「三浦半島へ行こう!」

よかったらクリック(1票)お願いいたします。
click→ (現在23位)
励みになります。ありがとうございます。

テーマ: - ジャンル:写真





111213君と歩いた道
昼休みの散歩道。

「君と歩いた道」浜田省吾 /YouTube

よかったらクリック(1票)お願いいたします。
click→ (現在23位)
励みになります。ありがとうございます。




120109城ヶ島落陽1

120109城ヶ島落陽2

120109城ヶ島落陽3

120109城ヶ島落陽4

2012.1.9、城ヶ島にて。

よかったらクリック(1票)お願いいたします。
click→ (現在24位)
励みになります。ありがとうございます。




120109城ヶ島ウミウ1
2012.1.9、城ヶ島。ウミウ展望台。

120109城ヶ島ウミウ2
へばりつくウミウたち。

120109城ヶ島ウミウ3
桜の咲く頃に北国へと帰ってゆく。

120109城ヶ島ウミウ4

120109城ヶ島ウミウ5
道端には八重の水仙がほの甘い薫りを漂わせていました。

120109城ヶ島ウミウ4.5

よかったらクリック(1票)お願いいたします。
click→ (現在19位)
励みになります。ありがとうございます。

テーマ:野鳥の写真 - ジャンル:写真





120114神戸散景1
正月に帰省した時のものです。
子供の頃、駆けまわり遊び回った高取山。標高328.8Mの独立峰。

120114神戸散景2
ポートタワーから望む山側。
神戸という街は山と密着している。

120114神戸散景3
神戸ハーバーランドの海際に広がる複合商業パーク、神戸モザイク。

120114神戸散景4
ポートタワー。

120114神戸散景6
神戸南京町。

120114神戸散景5

よかったらクリック(1票)お願いいたします。
click→ (現在18位)
励みになります。ありがとうございます。




121009城ヶ島アロエ1
2012.1.9、城ヶ島のアロエ群落。

121009城ヶ島アロエ2

121009城ヶ島アロエ3

121009城ヶ島アロエ4
オマケ:このハチワレ猫はまだまだ健在でした!

20061226002245_20120112215545.jpg
6年前の写真

撮り逃しましたがオッドアイの白猫も元気でした。

よかったらクリック(1票)お願いいたします。
click→ (現在18位)
励みになります。ありがとうございます。

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真





121007野比水仙1

121007野比水仙2

121007野比水仙3

121007野比水仙4

121007野比水仙5

121007野比水仙6

2012.1.7,野比海岸。

よかったらクリック(1票)お願いいたします。
click→ (現在20位)
励みになります。ありがとうございます。

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真





121008野比おんべ1
2012.1.8、野比海岸、中村町内会、おんべ焼き。
6:50の点火に一足間に合わず、着いたその時、崩れ落ちました。

121008野比おんべ2

121008野比おんべ3
餅焼き。

121008野比おんべ4
今年も来てました、進次郎氏。

121008野比おんべ5
灼熱の炎。

121008野比おんべ6
おんべ焼き。
地元の人達が持ち寄った古いお札や正月の松飾、縁起ものなどを焼いて1年を振りかえり、
新しい年の家内安全と無病息災を祈る行事で、三浦半島の海岸線でも数多く行われています。

121008野比おんべ7

よかったらクリック(1票)お願いいたします。
click→ (現在32位)
励みになります。ありがとうございます。

テーマ:祭り/イベント - ジャンル:写真





120107野比おんべ前1
2012.1.7、野比海岸。
明日のおんべ焼きの準備は整っていました。

120107野比おんべ前2

120107野比おんべ前3

120107野比おんべ前4

120107野比おんべ前

2012年おんべ焼き・どんど焼き

よかったらクリック(1票)お願いいたします。
click→ (現在31位)
励みになります。ありがとうございます。

テーマ:祭り/イベント - ジャンル:写真





120102ポートアイランド1
2012.1.2、神戸に帰省した折、ポートアイランドに行きました。

120102ポートアイランド2
ポートピアホテル。

120102ポートアイランド3

120102ポートアイランド4
国際医療開発センター

120102ポートアイランド5

120102ポートアイランド6
ポートライナー

120102ポートアイランド7
車窓からの六甲山系

よかったらクリック(1票)お願いいたします。
click→ (現在25位)
励みになります。ありがとうございます。

テーマ:建物の写真 - ジャンル:写真





120104黒崎1
あけましておめでとうございます。
2012.1.4、今年初撮影は藪を抜けて黒崎の鼻へ。

120104黒崎2
風が強かった。

120104黒崎3
来た道。

120104黒崎4
夕照で赤く染まる黒崎原。

120104黒崎5
一度雲に隠れた夕日だが、その下の隙間からもう一度顔を出すはず。

120104黒崎6
出て、そして沈む。

120104黒崎7
今年が佳い年になりますように。

120104黒崎8

よかったらクリック(1票)お願いいたします。
click→ (現在25位)
励みになります。ありがとうございます。





| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © <2004> 三浦半島デジカメ便り, All rights reserved.