子安の里の庚申塔1
9月27日、子安の里で見た庚申塔たち。
子安の里には庚申塔群が何カ所にもあります。

子安の里の庚申塔2
この彼岸花は切り花ではなくて自生のものなのです。
石仏と彼岸花はなんと似合うのでしょう。

子安の里の庚申塔3
これが子供を抱いた「子安観音」寛政元年建立。
寛政元年というと古い感じがしますが、
1789年はジョージ・ワシントンが初代アメリカ合衆国大統領に就任した年。
往事の将軍は11代、徳川家斉。

子安の里の庚申塔4

子安の里の庚申塔7
元禄三年(1690年)建立。将軍は5代目、徳川綱吉。
「見ざる、言わざる、聞かざる」は、8世紀ごろ、天台宗の教えとして日本に伝わったものだという説があり
漢語の「不見、不聞、不言」を訳したもので、本来は「猿」とはまったく関係ないとか。
訓読する際、全て「ざる」で終わることから、これを「猿」にかけ「見猿、聞か猿、言わ猿」としゃれて、この教えを表す像として三猿像が作られたものであるそうな。
「不見、不聞、不言」とは
「悪いものを見るな。悪い言葉を聞くな。悪い言葉を吐くな。」という意味か。

子安の里の庚申塔5
「御幣を担いだ一猿の庚申塔」とは

子安の里の庚申塔6
悲しいかな顔が欠けていますが、享保六年建立のこの象。
享保六年とは1721年。
8代将軍徳川吉宗の時代。

古刹に保管されている由緒正しい仏像もいいが
何百年もの風雪に耐えた路傍の石仏も味わい深い。

子安の里の庚申塔8

よろしかったらクリック(1票)お願いいたします。
click→『人気blogランキング』(現在11位)
励みになります。

姉妹ブログ「顔道(かおどう)」更新しました。今日の顔は「宇宙人の顔みたい 人面グモ話題に」
スポンサーサイト

テーマ:史跡・神社・仏閣 - ジャンル:写真





隠れ里、子安の里1
子安の里。軽部氏によって開かれた集落とか、平家の落ち武者の子孫によって開かれた里とも言われている、隠れ里のような集落。

隠れ里、子安の里2
子安名物、無人の直売所。

隠れ里、子安の里3
「ピイマン1ケ7円」

隠れ里、子安の里4
「子安の炭 竹炭直売所」

隠れ里、子安の里5
竹炭焼きの煙突はやっぱり竹。
煙の匂いは秋の匂い。懐かしくどこかせつない。
都会の住宅街では昔のように焚き火はできなくなったし。

隠れ里、子安の里6
「しいたけ原木あります」
立て札の上のような、いかにもクワガタがいそうなクヌギの木があちこちにありました。

隠れ里、子安の里7
子安の里。時間が止まったかのような横須賀市内の静かな山里。


詳しい地図で見る


よろしかったらクリック(1票)お願いいたします。
click→『人気blogランキング』(現在7位)
励みになります。

姉妹ブログ「顔道(かおどう)」更新しました。今日の顔は「おしゃぶり」

テーマ:お散歩写真 - ジャンル:写真





080927子安彼岸花1-1
yoitokoさんのブログ「うみかぜSTYLE」で、子安の里で彼岸花がたくさん咲いていると知り、
きのう行ってきました。
本当に土手のあちこちにまるで火の手があがるように咲き乱れていました。

080927子安彼岸花1-2
これほどの彼岸花の群生を初めて見て感激。

080927子安彼岸花1-3
実は子安の里に足を踏み入れたのは今回が初めて。
ずっと前から行きたいと思っていたところですが、いい所ですね~。
ワクワクしながら歩き回りました。

080927子安彼岸花1-4

080927子安彼岸花1-5
この日は午前中は青空と日差しがあったのに午後はずっと曇り空でした。

080927子安彼岸花1-6
こんなに色鮮やかなのにどこか寒々とした感じがするのは日差しが無いから。

080927子安彼岸花1-7

080927子安彼岸花1-8
朱(あか)の洪水。

よろしかったらクリック(1票)お願いいたします。
click→『人気blogランキング』(現在7位)
励みになります。

姉妹ブログ「顔道(かおどう)」更新しました。今日の顔は「街灯仮面(2)」

テーマ:花の写真 - ジャンル:写真






| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © <2004> 三浦半島デジカメ便り, All rights reserved.