140111久里浜マンホール事故1
2014.1.10、家の近所、通勤で毎日歩いている場所で事故がありました。
この写真は事故翌日(1.11、午後撮ったもの)

140111久里浜マンホール事故2

10日午前9時10分ごろ、神奈川県横須賀市久里浜2丁目の下水道工事現場で異臭が発生したと、県警に通報があった。男性作業員4人が倒れ、病院に搬送された。うち2人が意識不明の重体。硫化水素が発生したといい、県警が状況を調べている。

 県警や消防によると、作業員数人が下水管のマンホール内で工事を始めたところ、異臭が発生。4人が次々に倒れた。意識不明の2人はいずれも60代の男性で、先にマンホール内に入っていたという。消防は現場で硫化水素ガスを確認した。県警が安全管理に問題がなかったかを調べている。

 工事を発注した横須賀市上下水道局によると、この日は、民間業者の作業員が下水管の空気抜きバルブの交換作業を始めていた。下水には硫黄が含まれ、管が曲がるなど空気が少ない場所で硫化水素が発生しやすい。毒性が強いことから、国は安全のため、作業中のガス濃度測定や換気を呼びかけている。

 現場は京急久里浜駅から約200メートルで、片側2車線の道路の中央付近。周囲には住宅や病院が立ち並ぶ。現場前の鮮魚店主の久保田武司さん(68)は「店でかなり強い硫黄の臭いがしてきた。10分ほど臭いが続き、そのうちにパトカーが来た」。近くの理容店主(62)は「硫黄くさいと思っていたら救急車の音が聞こえた。作業服姿の男性が道に倒れていて、全く動かない人もいた」と話した。

「マンホール内で硫化水素発生 作業員4人倒れ2人重体」 / 朝日DIGITAL より。

140111久里浜マンホール事故3
「硫化水素」
硫化水素は独特の臭気があるが嗅覚を麻痺させる作用もあり、高濃度で匂いを感じなくなる。従って濃度が致死量を超えていても嗅覚で知覚できないケースもある。知らずに近づいた登山者やスキー客・温泉客が死亡する例も見受けられる。
鉱工業においてはビルの汚水槽や排水プラント等の下水道施設、化学工業・実験施設において事故が度々発生しており、このような場所での作業では監視・管理が法規制されている。年余にわたる微量の曝露では変異原性が指摘されている。
 Wikipedia より。

140111久里浜マンホール事故5
吉田横須賀市長のFacebook。

140111久里浜マンホール事故4
当事故で重体だった方が、本日の13時16分に亡くなられたとの事です。
被害者の方のご冥福を心からお祈り申し上げます。


スポンサーサイト

テーマ:マンホールの蓋 - ジャンル:写真





20080710ニュクリア
※この画像は2000.8.30、グローバル・ニュークリア・フュエル・ジャパンすぐそばのスクラップ工場が爆発した時のものです。(この建物はグローバル・ニュークリア)
●その時の記録

家から徒歩10分ほどのところに核燃料製造工場があります。
そこで昨日(2011.4.27)以下のような出来事があった模様です。

“核燃料製造工場で廃棄物漏れ、過去に厳重注意”
 神奈川県は27日、同県横須賀市内川の核燃料製造会社「グローバル・ニュークリア・フュエル・ジャパン」の廃棄物貯蔵庫内で、ドラム缶から放射性廃棄物の油128グラムが漏えいしたと発表した。
 施設外への流出はなく、作業員の被曝もないという。
 県への報告によると、25日、同社作業員がドラム缶底部から漏れた油を見つけた。ドラム缶には、核燃料製造の際に出た放射性廃棄物の金属類が入っており、それに付着していた油が漏れたとみられる。油からは1万1000ベクレルのウランが検出されたが、国への報告基準の37万ベクレルは下回っている。国は25日に同社に立ち入り検査を行っている。
 同社では2008年7月にウラン飛散、昨年5月には水素発火の事故があった。同年12月には核燃料の製造炉が設定温度上限に達し、自動停止装置が2回作動するトラブルが起きており、経済産業省原子力安全・保安院から厳重注意を受けていた。

(2011年4月27日23時40分 読売新聞)

2008/07/10のウラン飛散事故の記事↓
原発燃料工場でウラン飛散 作業員1人が微量被ばく /47NEWS
この装置は二酸化ウランの濃縮度を変更するたびに、分解して掃除することになっており、2階からプレス機に粉末を供給する管に付いている点検用ののぞき穴のふた(直径約10センチ)を閉め忘れたまま作業を再開してしまったのが原因という。

★東北地方太平洋沖地震復興支援 クリック募金
メッセージを書いてクリックすると、無料で1回10円を募金することができます。
あなたに代わってマガシークが日本赤十字社へ寄付を行う仕組みのため、金銭的負担は一切かかりません。

東北関東大震災 緊急支援クリック募金

(現在32位)
励みになります。ありがとうございます。




110317地震1
2011.3.17.午後6時頃、計画停電によって灯り一つ無い京急久里浜駅前。

東北関東大震災が起きてから10日目となりました。
被災者の方々に心からのお悔やみとお見舞いを申しあげます。
そして被災地の一刻も早い復旧を祈っております。
とりあえず自分に出来る事として、インターネットバンキングから日本赤十字社にささやかですが募金しました。
様々な窓口がありますが募金詐欺なども横行していますので気をつけないといけません。
日本赤十字社は間違いが無いと思います。→こちら

110317地震2
3月14日は午後になってから突然「15時30分頃をもって,京急全線で運転を見合わせる」との発表。
しかも下りは金沢文庫まで。ハシゴを外されるとはこのことだ。
自分含め会社でもほとんどの人間がまた帰宅難民になるのは御免と早退。
これは金沢文庫駅の駅舎の階段の上まで伸びているタクシー待ちの列。
(しかし夜になって運転は再開された)

110317地震3
内川橋バス停から伸びたバス待ちの列が裏通りのずっと奥まで。
僕はJR横須賀駅まで歩き、そこから堀ノ内までバスに乗り、
そこから北久里浜まで歩きそして久里浜までバスに乗りました。
しかしそんな事は被災地の苦しみに比べたら天国のようなもの。

110317地震4
多くの店から2リットルの水が消えたままです。お茶でさえ一人一本。

110317地震5
一番殺気立っているのがガソリンスタンドだそうで、今日(3.20)時点で営業してる店は少なく
やっってるところは長い渋滞が出来ているそうです。

110317地震6
久里浜海岸の石塀。この辺はこの程度で済んだのです。
画面右上の3本煙突は再開が期待されている横須賀火力発電所。(2010年4月からすべての発電機が停止しています)

CNN*4
(画像をクリックすると拡大されます)
〔日本未公開写真集〕米CNN「大地震に見舞われた日本」
  ↑テレビで見る現地の動画よりなぜかどの写真も迫真にせまり強く胸を打たれます。
胸が締め付けられる思いですが、現実を知る事は大事だと思います。
全部で90枚近くありますが是非全て見て頂きたい。(毎日少しずつ追加されています)

放射線の拡大が危惧されています。(現地で命がけで作業されている方々に比べたら何ほどでもありませんが)
各地の放射線量観測データが得られるサイトまとめ
川崎と横須賀のリアルタイムデータ
神奈川県横浜市の放射線量の測定状況(1時間毎に更新)
110317地震7
横浜市内における放射線量
3月15.16日に少し上がっていました。
通常の測定値は、10~50nGy/h程度で、これは自然放射線のレベルだそうです。

東北関東大震災 緊急支援クリック募金





Design by mi104c.
Copyright © <2004> 三浦半島デジカメ便り, All rights reserved.